富士同好会 News!



※ 本内容は、2005/12月時点において過去を振り返りメモしております。ご了承のほどお願い致します。

(大会参加メモ)

2004年 愛知支部大会に参加しました。

富士同好会からは私ひとりの参加となります。
富士より加藤先輩と二人で出発です。

清水インターから小牧インターまで東名をひとっ走り、会場であるイトーヨーカドーに到着です。最上階の大会会場につき、3月(2004/03)のプロモーションにて、ブルーベルトに昇級したばかりの私は、右も左もわからずウロウロするばかりです。(汗;)

その中で加藤先輩は、会場におられる先輩方に挨拶をしております。
愛知支部、東京支部はじめ、全国の先輩方をはじめて見る私は、恐縮するばかりです。

さて今回、私は型のクラスに参加しました。
型は「誠道1」です。

出番になり名前を呼ばれます。
大変緊張しておりまして、体が全然うごきません。
移動の途中で床につまづいてしまいます。

終了して思ったことは、大会で100%の結果をだすには、日々の稽古においては120%以上の集中力で稽古を積まなければならないということです。

午後になり組手の試合を見学します。
加藤先輩が試合前に、反則について説明の演武を行いました。

組手の試合を見学させていただきながら、自分もこの場所に立つことがあるのだろうかと、思いを巡らせました。(富士お茶(鈴木)は、初心者から空手を始めたこともあり、この時点では、まったくもって自身の組手をイメージできませんでした。)

17:30頃大会も無事終了し、かたづけの後、近くの居酒屋において懇親会に出席しました。

懇親会では愛知支部のみなさまと、お話をさせて頂きました。
先輩キティと隣の席になり、お話をさせて頂きます。
ニューヨーク本部HPにて、先輩キティのお名前と活動を拝見させていただいていたので、そのことを話そうとしましたが、うまくいきませんでした。(^^;
また堀井先輩とは、稽古は週に何日?組手見るの始めてなんですー。などお話させて頂きました。

加藤先輩は澤平教士はじめ先輩方と別室にて歓談しております。
そのうち11時もすぎ、帰る時間となりました。

最後に初めて大会に参加して、誠道塾の仲間たちの熱い思いと、固い結束をみて、自分もこれから誠道塾の一員として恥ずかしくないように、稽古を積み重ねていくことを誓いました。


                       2004/5 富士同好会 富士お茶